「ついていきたい」と思われるリーダーになる考え方

こんにちは、古瀬です。

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

を読んだ感想と考え方をアウトプットしていきます。

[amazonjs asin=”4763132504″ locale=”JP” title=”「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方”]

スターバックスコーヒージャパンのCEO、ザボディショップのCEOを経験し、業績をあげた経験がある岩田さん。

そんなカリスマ性が満ち溢れているとてもすごい人と予想をしていましたが、実際は「ただの普通のおじさん」みたいです。笑

誰でもリーダーになれる?

この本で説明しているリーダーは誰もが思うような、オレについてこいとか、カリスマ性のある人間を説明しているのではないです。

僕も最初はカリスマ性があり、みんなをぐいぐい引っ張っていくようなリーダー像を想像していました。

しかし、本の題名の通り、著者は「ついていきたい」と思われるような、慕われるリーダーなんですね。

周りの人から上に押し上げられ、いつの間にかリーダーになっていたみたいな感じです。

謙虚さを持ち、周りから支持され、ついていきたいと思われるリーダーならば、カリスマ性などは不要です。

そう、誰でもリーダーになれるんですね。

そのためには、部下との信頼関係が非常に重要になってくるのです。

自分が良ければそれでいい。という自己中心的な人はリーダーには向かないでしょう。

圧倒的なカリスマ性があれば別かもしれませんが。

僕も、このようなグイグイ引っ張っていくようなリーダーには向かないと思うので、共感できた部分は多かったです。

部下の意見を積極的に聞く

リーダーの方から積極的に部下の意見を聞くのは大切です。

部下は、一緒に目標に向かっていく仲間です。

ならば、一緒にミッションを考えればいいですよね?

部下の意見に耳を傾け、正しいと思ったことなら採用です。

しかし、会社として正しいことではなく、人間として正しいことを採用した方がいい場合もあるかもしれませんね。

上司を立てるために意見を優先しなければいけない場面もあるでしょうね。

そして、部下とのコミュニケーションをする際に大切なのが「わかりやすさ」です。

難しいビジネス用語を並べて話しても意味ないです。

具体的にわかりやすく伝えることで、部下の行動も明確になり、結果に繋がりやすくなるんですね。

この岩田さんがスターバックスやザボディショップの裏話というか社員教育のお話をしていて、実際に店舗に行って確かめたくなりましたね笑

顧客満足度よりも従業員満足度。

もちろん、お客さんも大切だけど、お客さんよりも従業員を大切にしているのだと伝わってきました。

こーゆー細かいことが従業員から信頼され、ついていきたいと思わせる理由なんですね。

リーダーは偉いわけではない

これも謙虚さの部分になるかもしれないですね。

リーダーだからといって偉いわけではないのです。

他の従業員と仕事の役割が違うだけなんですね。

なので、自分の給料もその従業員のおかげだということを忘れずにいないとですね。

「みんなを幸せにしたい」という思い。

これをリーダーの最大の原動力にして動いていかなければいけませんね。

部下の部下まで関心を持ち接することは非常に大切です。

興味を持たれない、関心を持たれないということが部下としては一番辛いことなんですね。

部下のやる気にも関わってくる部分かと思います。

まとめ

ここでのアウトプットは本の半分くらいの内容です。

全て読んでアウトプットしていたらすごい長さになってしまうなと思いこの辺でまとめておきますね。

僕が行なっているせどりも出品作業などは外注に任せたりしています。

従業員を雇っているわけではないですが、感謝の気持ちを持って出品作業の仕事をやってもらおうと改めて思いました。

現在は外注として作業をこなしてくれていますが、今後僕と一緒に仕事をするビジネスパートナーにもなり得る可能性はあるので「外注を使う」という考えではなく、一緒に収益を上げていく仲間だと考えようと思いました。

僕も岩田さんのような謙虚さを持ち、従業員を大切に考えるリーダーになりたいです。

従業員になったとしても、このようなリーダーのもとで働けるなら嬉しいですよね。

本を読むと色々な発見や気づきが生まれるのでおすすめです。

ブックオフで購入して、読んだらアマゾンで売れば出費を抑えられますし。

僕のサイトでも、読んだ本を定期的にアウトプットしていくので、また見に来てくださいね!


記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします!



シェアする

フォローする