2016年のネットビジネスとせどりの今後

こんにちは、古瀬です。

2016年は様々なネットビジネスの市場の変化がありました。

僕もツイッターや、インスタで様々な方とコンタクトを取っていますが、

一番多かったのはバイナリーオプションでしょう。

簡単に説明すると、

為替レートが今後、上がるか下がるかを予想して、

掛け金の1.8倍くらいペイされるゲームみたいな投資です。

バイナリーオプションで勝つためのツールを

数百万という高額で販売営業している人もいれば、

無料レクチャーなどと言ってアフィリエイトしている人も多くいました。

でも、これって詐欺なんですよね。。

大学生が詐欺だと知らずに、

バイナリーツールの営業などをしているのが現状です。

2017年になっても、なくならないでしょう。

こんなグレーな営業や投資で楽して稼ごうとか

考えない方がいいです。

(僕も考えている時代がありましたがw)

楽して稼げるというのはないと思った方がいいでしょう。

例外はあるかもしれませんが。

不安定な投資や営業などをするなら、

素直にせどりをおすすめしたいです。

楽して稼ぐことはできないですが、

安定堅実に資金を増やして行くことが可能です。

2016年、ガッツリせどりをやって来ましたが、

飽和の影響は感じず、1年を通して問題なく稼ぐことができました。

ヤマダ電機でせどられた後だなーw

って思うことは2回ほどありましたが、

せどられた後でも問題なく仕入れができましたし。

11月から12月にかけては、

転売ヤーの増えすぎを察知してか、

アマゾンが出品規制を始めました。

一部のアカウントでパナソニックやソニー、

アップル製品などの出品が規制されたんです。

また、新規でアカウントを作った人はCDの出品も制限されているみたいです。

これで、アマゾン転売終了のお知らせw

とか言っている人がいますが、

僕は逆に大チャンスだと思っています。

弱小せどらー、転売ヤーは時代の変化に対応することができず、

出品規制をくらい安定して利益をあげることができなくなり、

淘汰されていくんですね。

その結果、真剣にせどりに取り組んでいる人が勝ち残り、

さらに稼ぎやすい市場へと変化していきます。

本気の人が生き残り、

中途半端な気持ちで取り組んでいる人は…。

せどりの参入障壁も上がり、

気軽な気持ちで始めることができなくなるでしょう。

メルカリも業者や転売ヤーを検知して嫌がらせして来たり、

出品を停止させられたり、アカウントを消されたりするみたいです。

どのような事をしたら停止させられてしまうのか?

などをしっかりと把握した上で戦っていけば何の問題もないんですけどね。

また、アフィリエイトについても

グーグルアドセンスの審査を通過させるのが困難になり、

新規で参入するのが非常に難しくなっています。

僕は高校時代にゲームのまとめサイトを運営していたので、

その時にアドセンスのアカウントは作ってあったので、

今後アドセンスを問題なく使っていけますが。

このように、いつどんなタイミングで規制や制限が起こるかわからないので、

思い立ったらすぐに行動するべきです。

せどりに少しでも興味があったり、

商品をアマゾンで販売したいと思っている方は、

アマゾンのアカウントだけでも作っておいた方がいいかもしれませんね。

今後、一般の人は新規で出品アカウントの作成ができなくなるなんてことも

あるかもしれませんからね。。

2017年はさらに様々な規制や制限が進むと思います。

思い立ったらすぐに行動に起こして、

後悔のないようにしていきましょう。


記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします!



シェアする

フォローする