シェアする

レゴブロック転売の4つの手法について詳しく解説

こんにちは、古瀬です。

僕も大好きなレゴブロックの転売、せどりの手法について

詳しく解説していきたいと思います。

基本的な4つの手法について書いていきますね。

レゴブロックとは?

知らない人はほぼいないと思いますが、解説していきますね。

レゴブロックとは、

小学生くらいまでの男の子が中心に遊ぶ知恵玩具です。

おもちゃ屋や、大きなショッピングモールには

置いていない所はないですよね。

今では、女の子向けのレゴブロックもあり、

様々な種類が発売されています。

また、僕が今でも好きなように、大人のファンも比較的多いです。

魅力的な街並みを再現できるものや、

デザイン性を重視した製品もあります。

僕は子供の頃からレゴブロックで遊んでいて、

親から何種類も買ってもらった記憶があります。

ここに転売できる秘密が隠されていて、

親は子供に対して無限にお金を投資します。

欲しいおもちゃがあるのであれば

買ってあげたくなるんですね。

だから、高値でも子供が欲しい製品は売れるわけであり、

クリスマスの時期には大量に売れるんでよすね。

しかし、2016年の12月に大規模な出品規制があり、

レゴブロックを出品できない出品者が増えてしまいました。

なので、1度も取り扱っていない方は、

自分のアカウントで出品ができるのかどうかについて

調べてみるといいかと思います。

具体的な転売手法は?

4つの手法について解説していきますね。

メリット、デメリットがどの方法にもあり、

自分に合うやり方を見つけてもらえればいいかと思います。

レゴストア限定の商品を仕入れる方法

この方法は転売最もプレ値になりやすい「限定商品」を仕入れる方法です。

レゴストアとレゴクリックブリックという、

レゴブロックを専門に扱うお店が全国に約40店舗あります。

その店舗限定で販売されるレゴブロックを仕入れていくんですね。

今ではトイザらスなどにも置かれるようになりましたが、

2015年にはマインクラフトのレゴブロックが、

レゴストア限定で販売されていました。

全国に40店舗しかないため、家の近くにレゴストアがない方は、

ネットから買うことが多くなるんですね。

また、限定商品でなくても、

一般のおもちゃ屋には入荷されない商品も入荷されることがあります。

このような商品を狙っていくことで、

利益が取れるんですね。

オークションやフリマサイトから安く仕入れる方法

この方法はできないだろと思うかもしれませんが普通に仕入れができます。

オークションやフリマサイトからは中古しか

仕入れができないと思うかもしれませんが、

意外と新品商品も販売されているんですね。

これは、子供の誕生日やお祝いに親戚などからもらったはいいが、

子供がブロックは好きじゃなくて遊ばないので売ってしまうというケースとかです。

もらったものなので、売れればいいやと言った感じで、

安く仕入れることができるんですね。

また、中古の商品でも古いレゴなどで、

プレミアがついた商品を仕入れたりもできます。

この方法はある程度、レゴに詳しくないとできない方法なのですが、

過去に僕はこの方法だけで月に2〜3万程度稼いでいました。

レゴブロックの箱を見ただけで、

その商品の値段が大体わかるんですよねw

プレ値になっている商品をリサーチして、店舗に仕入れにいく方法

この方法は僕のメルマガに登録してくれた人に教えている方法を使うことで、

プレ値の商品を探すことができ、その商品を店舗に探しにいくやり方です。

まだメルマガに登録していない方はこちらから。

→ メルマガ登録

レゴブロックは常に新しい型番のものが発売されていきます。

なので、過去に出た商品は基本的に再販されず、

プレ値になることが多いんですよね。

こんな感じでw

以前は3〜4万円程度で買うことのできた商品が90万円近くで売買されています。

一定数コアなファンがいるので、このような価格でも売れるんですね。

また、ここでの一例はスターウォーズとのコラボ商品のレゴを載せましたが、

このように映画とのコラボ商品はプレ値になる確率が比較的高いです。

・スターウォーズ

・ハリーポッター

・ロードオブザリング

・ディズニー映画(トイストーリーなど)

上の4つとコラボしている商品はプレ値になっている確率が高いです。

このような商品をリサーチして発見し、

店舗に眠っているレゴを探して仕入れる流れです。

プレ値がつきそうな商品を投資感覚で仕入れていく方法

この方法は人気ジャンルのレゴは必ずプレ値になることを利用して、

投資感覚でレゴブロックを仕入れる方法になります。

3つ目の方法で紹介した、映画とのコラボ商品は

プレ値になる可能性が高いのを利用します。

むやみやたらにレゴを買えばいいわけではなく、

プレ値になる確率が比較的高い商品を見定めて

仕入れていくことが大切です。

このサイクルを組むことができれば、最初の2年間くらいは

ただ仕入れていくだけなので赤字になりますが、

2年後くらいからは、2年間寝かせておいたレゴを

プレ値で販売することが儲かります。

資金に余裕がある方は取り組んでみると面白いかもしれませんね。

まとめ

今年は日本に LEGO LAND がオープンし、

今後さらにレゴの人気は増していくでしょう。

LEGO LAND 限定レゴブロックとかが売り出されそうですねw

アマゾンでは販売できなくても、

ヤフオクやメルカリなどの販路を用いることで、

問題なく販売することができますよ。

限定の商品などはどの販路でも

高値で売ることができると思うので、

アマゾンで販売できないからと諦める必要はないです。

今のうちから相場観をつけ、仕入れができるようにしておくと、

今後の仕入れに余裕ができそうですね!

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc%e5%ba%83%e5%91%8a_%e5%8f%a4%e7%80%ac%e4%ba%ac%e4%bb%8b_300-250

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします!


シェアする