シェアする

メルカリ カウルを使った転売の手法を詳しく解説

こんにちは、古瀬です。

今回の記事では最近プレリリースされたメルカリの姉妹アプリの「カウル」を利用した転売の手法について解説していきます。

仕入れも販売もどちらもできそうな感じなので、

まだダウンロードしていな方はぜひしてみてください。

カウルの特徴

カウルは本、CD、DVDに特化したフリマアプリになります。

簡単に出品することができ、

カウルに出品すると同時にメルカリにも出品されます。

なので、メルカリで本、CD、DVDを販売していた方は

カウルをダウンロードしてそちらで出品するべきですね。

販売の感覚はAmazonのマケプレでの販売に似ていて、

商品自体に個別の販売ページがあります。

出品するとそこに表示され、

他の出品者と価格やコンディションの比較をすることもできます。

出品自体もバーコードを読み取るだけなので、非常に簡単です。

せどりでカウルを有効的に使う方法

カウルだけを用いて稼ぐというよりかは、

販路の一つとしてカウルを用いて在庫の回転率を

上げていくイメージで使っていく方法を解説します。

その方法がAmazonで商品を販売している方は、

Amazonの「FBAマルチチャンネルサービス」を使っていくやり方です。

このサービスはAmazonのFBAを利用して商品をAmazonの倉庫で保管していても、

Amazon以外の販路で販売した場合に

Amazonがそのお客さんに商品を発送してくれるサービスになります。

最近では、無地の段ボールでに発送をしてくれる倉庫も増えてきて、

より使いやすくなりました。

Amazonで商品をFBAにて納品して販売しつつ、

カウルにも同時出品する。

Amazonで売れたらそれはそれでいいですし、

カウルの方で売れたらAmazonに発送してもらう流れですね。

これをやることによって商品の回転率は2倍以上になり、

メリットばかりです。

おれはAmazonでしか販売しないんだ!

とか、そういうこだわりを持たずに、

どんな販路でも商品を販売していくことは非常に大切です。

Amazon、カウル、メルカリ、ヤフオク、その他フリマサイトなどを

上手に使って販売していくことにより、商品の回転は鬼の速度になります。

カウルからの仕入れをする方法

相場よりも安く出品されている商品を探して仕入れをすることも可能です。

メルカリで仕入れができるのと同じで、

カウルでもできないわけがないですね。

アプリがリリースされたばかりなのでツール等はありませんが、

泥臭く自力で見つけていくことで、

ライバルも少ない環境で有利に立ち回ることが可能です。

出品されている商品が主に中古品になってはしまいますが、

カウル仕入れのAmazon売りは問題なくできるかと。

手法としては、Amazonで中古でも高値で取引されている商品を見つけて、

カウルの方でその商品をいいねしておくだけです。

そうすることで、カウルの方で商品が出品されたら自分にお知らせが来ます。

そのタイミングで利益が出そうなら仕入れる流れです。

プレ値になっている商品の見つけ方等は

僕のメルマガにて配信しているので、

わからない方は参考にしてみてください。

まとめ

最近ではAmazonでの出品規制が進み、

CDやDVDの出品が規制されている方が多くなってきています。

ジャンルを固定すると稼げなくなるのでやめたほうがいいですが、

諦めることはなく、このような販路で販売していくことで

Amazonの規制の影響を受けずに戦っていくことができます。

常に柔軟に対応することを考えて、

抜け道を探りながら効率的なやり方を見つける。

そして使えるものは全部使い、

自分のビジネスをさらに強固なものにしていきましょう。

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc%e5%ba%83%e5%91%8a_%e5%8f%a4%e7%80%ac%e4%ba%ac%e4%bb%8b_300-250

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします!


シェアする