iPhoneの液晶割れを自分で修理する方法

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc%e5%ba%83%e5%91%8a_%e5%8f%a4%e7%80%ac%e4%ba%ac%e4%bb%8b_300-250

友だち追加数

こんにちは、古瀬です。

今回の記事では、以前の記事の続編として、

iPhoneの液晶割れを自分で修理する方法について紹介していきます。

以前のバッテリー交換の記事はこちらから

iPhone6のバッテリーを自分で交換する方法

iPhoneの液晶割れを修理の難易度

知人から液晶が割れているiPhone6plusを格安で譲ってもらったので、

そのiPhoneをせどり専用機として活用しようと思い自分で修理することにしました。

バッテリー交換の難易度が3だとすると、

液晶交換の難易度は10くらいありますw

手先が器用な方なら自分で交換した方が圧倒的に安く交換する事が出来ますが、

おすすめですが不器用な方だと部品を破損してしまう可能性もあるので、

修理業者に頼むことをおすすめします。

ホームボタンや、フロントカメラなども分解するため、

取り返しのつかないことになる可能性があるので。。

修理の手順と液晶を購入

僕はこの液晶を購入して、実際に交換を行いました。

業者に頼むと7千円〜1万円くらいが相場だと思うので、

それと比べると圧倒的に安く済ませる事ができます。

液晶交換に使う工具も付属されているので、

バッテリーを交換する際にも使えたりしてお得ですね。

修理前はこんな感じです。

正直、この割れ具合なら使用するのにほぼ問題なかったのですが、

個人的にすごく気になった交換することにしました。

iPhone6plusのゴールドなのに、液晶を黒パネルに変えるとゆー

オリジナルのiPhoneを作ることにしました。

Appleの正規サービスではこんなこと絶対にできませんからねw

てなわけで、バッテリー交換の時と同じように全面を開くまではいいんですが、

液晶を分解して、ホームボタンを取り外し、フロントカメラも取り外すとゆー

非常に面倒な作業でした。

分解はこちらの記事を参考にしました。

http://bunkaikoubou.jp/iphone/iphone6s/6s_1.html

ネジも非常に小さく、丁寧にやらないとネジ穴が潰れることもあります。

上記のサイトを参考にして分解し、液晶を交換

そして、分解と逆の手順で戻したら完成です。

ホームボタンは以前の状態を引き継ぐので、ホームボタンだけ白になります。笑

所要時間は1時間程度かかりました。

初めての作業だったので、ものすごい慎重に行いましたからね。

まとめ

業者に頼むよりも安く済みますが、神経を使う作業なので、

こーゆーのが苦手な方は業者に頼むのが一番です。

また、Applecareの期間内だったら、

そちらでやってもらった方が正確ですしいいかと思います。

逆にこれが出来ると、画面が割れているiPhoneを安く買い取り、

修理して販売すると言った事が可能になります。

これも、一つのビジネスとして成立しますね。

最後に、何回も言いますがバッテリー交換と比べて非常に難しいので、

実際に行う際は自己責任でお願いします。

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc%e5%ba%83%e5%91%8a_%e5%8f%a4%e7%80%ac%e4%ba%ac%e4%bb%8b_300-250

友だち追加数

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします!



シェアする

フォローする