せどりすとプレミアムを1年以上使い続けた感想とレビュー

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc%e5%ba%83%e5%91%8a_%e5%8f%a4%e7%80%ac%e4%ba%ac%e4%bb%8b_300-250

友だち追加数

こんにちは、古瀬です。

今回の記事では、せどりを本気でやる方には必須のアプリ

「せどりすと プレミアム」

を1年以上使ってきた、感想とレビューをしていきます。

結論から言うと、

導入しなくても問題なく稼げるけど、

あるともっと効率良く稼げるよ。

って感じです。

初めて聞いた方もいるかもしれないので、

大まかな説明からしていきますね。

せどりすと プレミアムとは?

iPhoneで使用できるアプリで

・せどりすと(無料版)

・せどりすとpro 2800円(買い切り)

・せどりすと プレミアム 月額5000円

(初月のみ初期費用で5400円別途かかるため、10000円ほど)

の3種類があります。

その中での最上位版が

「せどりすとプレミアム」

になります。

無料版とpro、プレミアムの違いは?

プレミアムは月額5000円と高額なため、

どのような機能の違いがあるのか気になる方が多いかと思います。

まず、無料版とproの違いは、

・広告の表示がなくなる

が大きな違いです。

それ以外はほぼ違いはないと思っていいかと思います。

proとプレミアムには様々な違いがあります。

書ききれないほど便利な機能があるので、

僕がせどりすとプレミアムで特に便利な機能等を紹介していきますね。

粗利計算が直感的にできる

せどりすとプレミアムを使う大きな理由の一つは、

粗利計算が直感的にできることだと思います。

画面上に電卓が出てきて、仕入れ値を入力すると

取れる利益(粗利)を自動で計算してくれます。

その際に、消費税の計算もワンタップでできるのも便利ですね。

仕入れる商品の個数も入力できたりするので、

仕入れた後にアプリ上で仕入れた数や、利益、想定売価などを

確認することができます。

利益計算は1円単位で正しいかと言われたら、

「アマゾンセラー」

というアプリには負けます。

アマゾンセラーはアマゾン公式のアプリなので。。

なので、利益計算が心配な商品は

アマゾンセラーアプリで確認するのもいいかもです。

しかし、1〜10円単位で想定利益を正確に知りたい

という状況はそうそうないので、

せどりすとプレミアムのみで

仕入れから出品業務まで全てオールインワンでこなすことができます。

バーコードスキャナとの相性がいい

店舗せどりをする過程で、

バーコードスキャナは必須だと思います。

kdc200というバーコードスキャナを僕はオススメしています。

中古品でも、バッチリーが交換されているものなら

問題なく使用できるので、持っていない方は買った方がいいです。

このスキャナで読み込んだ商品がすぐに

せどりすとプレミアムの方で表示されます。

ただ表示されるだけでなく、リストで表示されるので

類似商品を10商品ほどちゃちゃっとスキャンした後に、

利益が取れるのかを一気に確認できるので、

非常に効率がいいです。

仕入れた商品のリストをメールで送れる

仕入れた商品のリストをメールで送れることによって

出品作業が非常に楽になります。

商品を仕入れる際に、仕入れリストというものに

登録するだけなので、簡単です。

また、どのような商品をいくらで仕入れ、

どのくらいで販売しようと思っていたかなども

確認することができるので、急な値下がりの際に早く売り抜くか、

少し寝かせておくかなどの判断もしやすいですね。

エクセルファイルでメールに送ることができるので、

そのエクセルファイルを常にPCなどに保存しておけば、

仕入れた商品リストができ、リピート仕入れの際にも役立ちます。

電脳仕入れが店舗仕入れ感覚でできる

この機能はせどりすとプレミアムを使っている人でも

使っていない人が多いのではないかと思います。

電脳せどりをやったことがある人はわかると思いますが、

商品の情報を毎回モノレートにコピペして、

売れていて利益が出そうなら「Amafee」などで

利益計算をする流れかと思います。

この流れを一瞬で行うことができるので、

非常に便利で効率がよくなります。

グーグルクロームのプラグインで

使うことができ、商品情報をすぐに

スマホのせどりすとに送れる感じです。

こんな感じでメリットばかりを書いてきましたが、

デメリットもしっかりと書いていきたいと思います。

せどりすとプレミアムのデメリット

・月5000円の維持費がせどりツールの中では非常に高い

もちろん、5000円なんかこのアプリを使えば

すぐにペイできてしまうのですが、

導入前はやはり気になりますよね。

月3000円ほどが妥当な気もします。

やはり月額5000円は痛いので、

買い切り3万ほどで同程度のアプリが開発できたら

余裕で売れると思いますよw

無料で使えるアプリでも問題なく仕入れを行うことができるので、

せどりすとプレミアムを使うメリットがないじゃないかと思う方も

多くいるのかと思います。

仕入れ判断に1分かかってしまうが、

このアプリを使えば30秒になり、

出品作業も時短になるといったイメージです。

要はせどりを効率化のために使うアプリですね。

何よりも大切な時間を節約でき、

1日に回れる店舗数が増えると考えてもいいかもしれません。

・たまにアプリが落ちる

時間の短縮のために使っている理由もあるのに、

これは大きなタイムロスを生みます。。

アプリが落ちてしまう原因は全てがアプリにあるわけではありませんが、

iPhoneの機種によっては起動時毎回落ちるという報告もあります。

僕が使用している体感では、1日に3回〜5回ほど

アプリが落ちてしまいます。

すぐに起動し直せるので、そこまで気にしていませんが、

頻繁に落ちてしまうのは困りますよね。

まとめ

僕が1年以上使い続けてきて感じた、

メリットやデメリットを紹介してきました。

導入のタイミングとしては、収入の5割以上が店舗仕入れに依存していて、

なおかつ月収10万円を超えたタイミングあたりで導入するのがベストかと思います。

仕入れの効率が良くなるのは間違いないので、

ある程度稼げるようになったら良いツールを使い、

さらに稼げるようになった方がいいと思います。

商売道具ケチっていても時間を無駄にしたり、

機会損失を生むだけなので、

良いモノにはガンガン投資ですね笑

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc%e5%ba%83%e5%91%8a_%e5%8f%a4%e7%80%ac%e4%ba%ac%e4%bb%8b_300-250

友だち追加数

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします!



シェアする

フォローする