メーカー 卸 仕入れのために展示会へ!

こんにちは、古瀬です。

先日、ライフスタイル総合EXPOに参加してきました!

こちらは、新たな仕入れ先の開拓のための参加で、

メーカーからの仕入れに繋げることができる数少ない機会ですね。

結果から言うと、数社ですが

取引してもらえるメーカーさんと出会うことができました。

30年以上、2社の会社経営されている社長さんと繋がり、

大切な仕事を任せられたりしましたw

ビジネスは人と人との繋がりから生まれるもの。

そんな当たり前を改めて感じることができました。

せどりから物販へ

せどり・転売はあくまで短・中期ビジネス。

ある過程で単純なせどりから物販に

ステップアップする必要があります。

でないと、常に急かしないビジネスになってしまいます。

特に、外注やアルバイトなどを雇わない限りは特に急かしないです。

自動化していくことを常に考えることが、経営者の使命。

自分でなくてもできる業務はどんどん任せていくことが非常に大切です。

この短期ビジネスをいかに長期ビジネスに移行していくか?

これが、物販をやるという考え方なのだと思います。

メーカーや卸から利益の出る商品を仕入れて、

在庫が切れそうになったら再発注する。

これの繰り返しなので、店舗やネットでリサーチする必要が無くなります。

誰しも、最初からこのような流れを作りたいのはもちろん。

しかし、最初からこの流れを作るのは難しいです。

販売の実績もない、商品知識もない。

そういう人をメーカーや卸は相手にしてくれません。

まずは、店舗せどりをやるべき

このようにメーカー、卸仕入れは誰しもが憧れるかと思います。

しかし、少量を卸してくれるメーカーは少ないです。

つまり、資金がある程度必要になってきます。

その資金を作るため。

販売実績を作るため。

商品知識をつけるため。

まずは、店舗せどりからスタートすることをお勧めします。

何事も順番はあります。

確実にステップアップしていくことを考えましょう。


記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします!



シェアする

フォローする